【2023年4月最新】人気カーリース9社の走行距離を比較!

  • 「カーリースの走行距離が足りない!」
  • 「カーリースの走行距離は結局どのくらいがいいの?」

など、この記事では上記のような走行距離に関する疑問や悩みを解決します。

購入するよりも便利にクルマが使えるカーリースですが、
走行距離制限があることが心配な方もいらっしゃることでしょう。

クルマが月々定額のお得な料金で利用できても、
走行距離の制限が短すぎて思うように利用できないようでは本末転倒ですよね。

そこで今回は、人気カーリース9社の走行距離を比較
走行距離に気をつける業者はあるのか?あるとすればどこか?クルマの用途別でおすすめはどこか?
を解説します。

この記事を読むと、

  • 用途に適した距離設定ができコスパが良いカーリース業者
  • 長距離通勤に適したカーリース業者

が簡単にわかりますので、

どのカーリースにするのか迷っている方

はぜひ参考にしてみてください。

カーリースは走行距離制限が短い?利用しづらいって本当?

実際にカーリースを利用している方の口コミをSNSで調べてみましょう。

上記のSNSの口コミのように、カーリースを利用する際、
契約時に設定される走行距離の制限がクルマの用途に合わず足りなくなる場合があります。

クルマの使用目的に適した走行距離制限を選択しておかないと、
使用するたびに「走行距離が気になりドライブが楽しめない」という事態におちいってしまうことになりかねません。

とは言っても、カーリースを利用する方全員にとって走行距離が足りなくなるのかというと必ずしもそうではなく、カーリースの選択で問題を回避できます。

走行距離の問題を回避するには、

  • 生活環境
  • クルマの用途
  • 契約時に選択する走行距離

のバランスが鍵になります。

この章では走行距離の選択に関する有益な情報を詳しく解説していきます。

カーリースはクルマの用途次第で走行距離が足りなくなる?

基本的にリース会社が設定する距離は十分な距離が設定されていて、
平均的な使用であれば、利用者のほとんどが距離を気にせずにクルマを使用できます。

しかし上述した口コミのように
クルマの用途次第で走行距離が足りなくなることがあります。

たとえば

毎日片道2時間ほどの長距離通勤にリースのクルマを使用すると、
カーリース会社が設定する走行距離制限では足りなくなってしまいます。

また、以下で紹介するような使用環境の変化や目的によって、
走行距離が足りなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

  •  生活環境変化による不足 
  • 居住地の変更
  • 勤務地の変更
  • 利用方法の変更
  • 使用する家族が増えた
  •  利用目的による不足 
  • 長距離通勤に利用する

このような様々な要因で走行距離が足りなくなりますが、
条件さえクリアしてしまえば、カーリースは基本的に便利にコスパよくクルマを利用できます。

走行距離はどうやって選べばよい?

カーリースの走行距離制限は、月間の距離~kmというかたちで月々走れる距離として提示されます。

しかし、月間の走行距離が契約満了まで一度も制限を超えてはいけないという意味ではなく、
クルマの用途を想定して月間に走る平均的な距離を試算して制限距離を選択しておけばよいです。

なぜなら、走行距離の精算は返却時にトータルの走行距離で行われるからです。

たとえば

月々の走行距離制限が1500kmのカーリースを5年契約した場合、
走行距離の制限は、
60ヵ月×1500km=90000kmです。
もしも、5年間の契約期間のうち最初の2年間の月間平均走行距離が2000km、残り3年間の月間平均走行距離が1000kmだったとしたら、
トータルの走行距離は、
24ヵ月×2000km +36ヵ月×1000km =84000kmとなります。

2年のあいだ月間走行距離1500kmを平均で500km超え、残りの3年のあいだ走行距離が少なくトータルの走行距離がオーバーしていないのであれば、
このケースの場合、走行距離オーバーをしておらず精算の必要がありません

したがって、走行距離の選択は、月間の最大距離を目安にするのではなく、契約期間中の生活環境の変化を考慮しつつ月々の平均走行距離を試算して選択するとよいでしょう。

走行距離制限をオーバーした場合は?

走行距離制限をオーバーした場合、一般的なカーリースでは

1kmあたり3~10円程度の超過違約金

が発生します。

なぜなら、走行距離制限を設けることで返却時のクルマの残存価格を維持し、
車両代金からあらかじめ残存価格を差し引いてリース料金が算出されいるため、
走行距離を超過すると査定額が下がり、

支払うべきリース料金が不足

するからです。

たとえば

走行距離制限が月間1500kmで5年契約する場合、トータルの走行距離は90,000kmです。
もしも契約終了時に走行距離が100,000kmとなっていて走行距離制限を10,000km超過していたとすると、
超過距離10,000km×3~10円=30,000円~100,000円の超過違約金が発生します。

「カーリースはやめとけ!」「おすすめしない!」と言われる要因は?

カーリースの懸念材料として走行距離制限はよく指摘されます。

カーリースの走行距離に制限があることをあげて
「やめておけ」
「おすすめしない」

と言われることも少なくありません。

確かに、カーリースは走行距離に制限があるので、
予定の利用環境でギリギリになるように制限距離を設定した場合には、

  • 購入と比べると長距離利用がしづらい
  • 距離を気にしながら利用しなくてはならない

などデメリットがわかりやすい面があります。

購入の場合にもデメリットがある?

では購入すれば走行距離の問題はないのかというとそうではありません。

購入の場合でも距離を走れば売却時の査定額は下がり実質的に距離に応じた支払いをしています。

さらに購入の場合は車両代金全額を支払うため、カーリースに比べると月々の支払い金額自体が高いです。

カーリースの走行距離制限のデメリットに対策がある?

カーリースの走行距離制限が用途を度外視してまったく走れないような距離設定になっているなら問題ですが、実際には事前に対策できます。

契約時には生活環境を考慮し余裕を持たせた走行距離が選べ、かつ
距離の精算は契約終了時にトータルでおこなわれ、走りすぎた月があったとしてもあまり走らなかった月でカバーできます

走行距離のまとめ:カーリースはお得で快適?

購入に比べてカーリースは、

  • 税金などのわずらわしい支払い手続きがなく便利に利用でき
  • 乗った分だけの料金で月々の支払いがお得である

ことを考えると、

制限距離を超過して走りすぎた月があったとしても他の月でカバーできる

と考えておけば、生活環境にあわせた走行距離を選択しお得で快適なカーライフがおくれるのではないでしょうか。

そこで、カーリースを検討する際、

  • 利用環境に適した距離が選べ
  • 評判のいいカーリース

から選んでおけば間違いがありませんので、
次の章では、人気カーリース9社の走行距離制限の比較とクルマの用途別におすすめのカーリースを紹介します。

カーリース9社の走行距離制限を比較!

ここでは9社のカーリースの走行距離比較を紹介します。

カーリースの会社はここで紹介する以外にもあります。

【2022年最新】カーリースおすすめランキング人気23社比較!

23社から厳選した人気の9社のみを紹介します。

リース会社走行距離無制限プラン
KINTO公式 1500km
オートフラット公式 500km,1000km
1500km,2000km,
2500km
MOTAカーリース公式 無制限
定額カルモくん公式 1500km
リースナブル公式 750km
カーコンカーリース詳細 2000km
ニコノリ公式 500km~
SOMPOで乗ーる公式 1000km,1500km,
2000km,3000km
コスモマイカーリース公式 500km,1000km
1500km

人気カーリース9社の走行距離制限は、500km~3000kmの範囲に含まれ、生活環境に適した選択をすると、コスパ良くクルマが利用できます。

なぜなら走行距離制限は返却時のクルマの残存価格を決定し、リース料金を左右する大きな要素ですので、用途に適した距離を設定すると適切な残価が差し引かれたリース料金になるからです。

たとえば

2021年の統計データでは、日本のドライバーの年間平均走行距離は月間550kmですので、
平均的な利用であれば、上記一覧表の500kmのカーリースかリースナブルの750kmを選択すると、
車両代金から適切な残価が差し引かれ、リース料金が安くなりお得に利用できます。

ただし、毎日の長距離の通勤にカーリースを利用する場合や仕事でハードに利用する場合は、
カーリースが提供する走行距離では足りなくなる可能性がありますので、距離制限がない条件のリースを選ぶとよいでしょう。

用途に適した走行距離を選択できれば、さらにコスパが良いカーライフがおくれます。

長距離利用におすすめカーリース2選

「カーリースでも走行距離を気にして走りたくない」という方のために、
カーリースの中でも長い走行距離が選べて料金に定評のあるカーリースを紹介します。

  • KINTO
    トヨタのサブスク【 維持費が燃料代と駐車場代だけになるので人気】
  • オートフラット
    出光のカーリース【 近くのアポロステーション(出光スタンド)でサービスが受けられ人気】

上記2社は本業をサポートする形でカーリースを展開しているため、
カーリースでの儲けを目的としているというよりも
カーリースを利用した本業へのプラスの相乗効果を期待して運営されている面が強いです。
そのため、

  • リース料金がお得であり
  • サービス内容が手厚い
  • 大手で安心感がある

など良心的なサービスを提供していると言いきれるカーリースでかなりおすすめできます。

さらに詳しく以下で解説します。

KINTO【維持費がコミコミでお得】

強み:車両保険付帯の任意保険
トヨタ
KINTO
おすすめ度 :star4.5 (4.5 / 5)
KINTOロゴ
  • KINTOのポイント 
  • 任意保険込み
  • フルメンテナンス込み
  • タイヤなど消耗品すべて込み
  • 契約途中での解約OK
  • カード支払い可能
  • 総額が一括購入やローンよりも安い
 KINTOの走行距離制限 
:1500km
 KINTOの概要 
KINTOはトヨタグループが運営するサブスク。
カーリースとは異なり、車両保険付帯の任意保険と消耗品を含むフルメンテナンスなど、
クルマの維持に必要なものがすべて揃った完成されたワンパッケージサービス。
クルマに詳しくない方や初心者でも安心してクルマを所有できる点が特徴。

  •  カーリースとの違い 
  • カーリース用の保険を探す手間がいらないので手軽
  • オイル交換など消耗品交換をすべて任せられるので便利
  • フルメンテナンスが正規ディーラーで受けられるので安心
  • モビリティマーケットやMyKINTOなど独自のサービスが充実している
  • 途中解約可能なので生活環境や家族構成の変化に対応できる

トヨタのサブスクは、クルマのめんどうな面をすべてKINTOに任せて、
「利用者がクルマを使用するだけでよい」サービスを追求しています。

KINTOは、トヨタグループのクルマのサブスクということもあり、カーリースの中でも特殊です。

カーリースとの主な違いとして

  • フルメンテナンスが料金に含まれている点
  • 車両保険付帯の任意保険が料金に含まれている点
  • トヨタ正規ディーラーのフルサポート
  • ニーズ変化による乗り換えがお得
  • 独自のサービスが豊富

があげられます。

KINTOの走行距離は月間1500km、
年間18000km
なので
片道1時間程度の長距離通勤にも利用でき評判が良いです。

また、KINTOの走行距離は1通りで、
さらに任意保険とフルメンテナンス、
すべての消耗品が基本料金に含まれています。

他のカーリースのような追加の料金を支払えばサービスがよくなっていくといった段階的なサービスではなく、
オールインワンで完成されたワンパッケージなので、わかりやすいのも人気のポイントです。

しかも、売却を考慮した購入との料金シミュレーションにおいて

KINTOの総額が購入より安くなる点

も強みで、所有にこだわらないのであればお得にクルマに乗れます。

特に保険が高くなりがちな若い方には任意保険が含まれている利点が大きく、
トヨタ系車種を検討し車両保険付帯の任意保険の加入をするのであれば、KINTO一択と言ってもいいでしょう。

\ 今一番売れてます! /

オートフラット【キャッシュバック21万円&燃料費割引】

強み:平均21万円キャッシュバック
出光
オートフラット
おすすめ度 :star (4.5 / 5)
オートフラットロゴ
  • オートフラットのポイント 
  • 平均21.6万円キャッシュバック実績
  • 走行距離で超過違約金が発生しない
  • 最大7円/Lのガソリン値引き
  • 近くの出光スタンドに任せられる
  • リース専用の任意保険を選択可能
  • 無条件「あんしんキャンセルサポート」
  • 9年リースの走行距離無制限
  • 9年リースで返却時にそのままもらえる
 オートフラットの走行距離制限 
:500km,1000km,1500km,2000km,2500km
 オートフラットの概要 
オートフラットは、原油元売り会社業界2位の出光興産グループが運営するカーリース。最大の特徴が、返却時に96%の方が平均21万円のキャッシュバックを受けている点で、返却後、新車への乗り換えや継続利用がしやすい。さらにオートフラットは走行距離制限をオーバーした場合、超過距離に対する超過違約金が発生せず、返却時のクルマの査定額で精算するので、実際に走行距離オーバーで生じた価値減少分の精算になり、クルマの価値を考慮しない超過距離に対する違約金での精算に比べてリスクを抑えて利用できる。その上原油元売り業者の強みを活かしガソリン代割引が受けられるのでお得。加えてフルメンテンスを選択すると、事前の定期点検、適切なタイミングでの消耗品交換、初回3年後以降2年後の車検をまるごと月額料金に含められて突発的な費用負担が一切発生せず、近くの出光スタンドにそのまますべて任せられるので便利で快適。しかも9年リースなら残価精算0円なので、カーリース特有の制限がなくなり、契約終了時にそのままクルマがもらえてマイカーが手に入る。大手で安心お得なオートフラットはおすすめ。

オートフラットは出光グループが運営するカーリース、近くの出光スタンド(アポロステーション)でサービスが受けられる点が強みです。

現在、出光は、昭和シェルと出光スタンドをアポロステーションに統合、
地域社会を支えるライフパートナーとして、給油やカーケアサービスにとどまらず、
暮らしと移動をトータルサポートする未来志向のサービスステーションを目指しています。

スタンドを中心にさまざまなサービスを展開していますので、クルマ関連で困ったときにはすぐに相談でき、快適なカーライフがすごせるでしょう。 

オートフラットの走行距離は月間500km,1000km,1500km,2000km,2500kmの5種類から選べ、
さらに9年リースなら走行距離制限がないもらえるカーリースになるので、走行距離をまったく気にせずに利用できます。

\ 21万円のキャッシュバック! /

【それでも心配な方に】距離制限がないおすすめカーリース2選

カーリースの走行距離に関してまとめてきましたが、ここでは

「走行距離制限がない」カーリース

について解説します。

カーリースは走行距離に制限があり、制限の距離を超えて返却すると超過に対する違約金が発生することが一般的です。

しかし、一部のカーリースでは走行距離に制限がないリースを提供し、距離を気にせずリースのクルマに乗れます。

MOTAカーリース【すべての契約で距離制限なし】

強み:契約終了時そのまま「もらえる」
MOTA
MOTAカーリース
おすすめ度 :star5 (4.5 / 5)
MOTAロゴ
  • MOTAカーリースの特徴 
  • すべてのプランで走行距離が無制限
  • すべてのプランでクルマがもらえる
  • 業界最長11年契約は月額料金最安水準
  • 業界最短5年でもらえる
  • 万が一の故障に独自の7年間延長保証
 MOTAカーリースの走行距離制限 
すべてのプランで無制限
 MOTAカーリースの概要 
MOTAカーリースは、車買取事業やオート情報メディア事業などオート事業を幅広く展開するMOTAが運営するカーリース。
MOTAを利用すると

  • 走行距離制限がないので、距離を気にせずストレスフリーで走れる
  • 返却せず最終的にマイカーになるので、クルマのカスタマイズや改造を楽しむことができ、その上、契約途中で売却できる
  • MOTAカーリース5年契約を選択すると業界最短でもらえるので、カーリースでマイカーを手に入れられる
  • 業界最長の11年契約は業界最安水準の月額料金なので、月々の支払いを抑えられる
  • 独自の7年延長保証に加入しておくと、突然の故障が発生しても経済的負担無しで修理ができる

など、すべての契約で残価設定を0円とするMOTAならではの特徴があり、マイカー同然にクルマを利用したい方におすすめ。

定額カルモくん【7年以上の契約で距離制限なし】

強み:徹底したネット活用
ナイル
おトクにマイカー定額カルモくん
おすすめ度 :star4.5 (4.5 / 5)
定額カルモくんロゴ
  • 定額カルモくんの特徴 
  • 契約期間が1年単位
  • 無条件で「ネット割」割引
  • メンテプランに原状回復費用補償
  • 7年以上契約オプション加入で「もらえる」
  • 業界最長11年契約が月額料金最安水準
 定額カルモくんの走行距離制限 
:1500km リース期間7年以上無制限
 定額カルモくんの概要 
定額カルモくんはWebコンサル事業に強いナイルが運営するカーリースです。徹底的なネット活用でコスト削減を実現、すべての契約に無条件で「ネット割」が適用されお得。さらにすべてのメンテナンスプランに原状回復費用補償を付帯しているので、返却時に原状回復の出費がなく安心して利用できる。その上業界最長の11年リースは業界最安水準の月額料金で月々の支払いを最大限に抑えられる。しかも7年以上の契約でもらえるオプションが選択でき、月々定額料金でカーリースとしてクルマを使用し最終的にそのままマイカーが手に入る。おトクに利用したい方に定額カルモくんはおすすめ。

【あまり走らない場合に】高コスパのおすすめカーリース

走行距離制限を用途に適した距離にすると、距離に応じた残価設定がされ、
車両代金から予測の残価を差し引いてリース料金が算出されますので、
お得にクルマが利用できます。

カーリース業者23社の中から、走行距離制限をすると最もコスパの良いカーリースを紹介します。

  リースナブル【人気車種に絞りとにかく安い最安保証で人気】

リースナブル【最安保証で安い!】

強み:短期リース月額料金最安保証
三和サービス
リースナブル
おすすめ度 :star4.5 (4.5 / 5)
リースナブルロゴ
  • リースナブルの特徴 
  • 徹底リサーチによる最安保証
  • いつでも中途解約可能
  • 最大50万円の残価精算補償
  • メーカー保証5年付帯
  • 正規ディーラーでのメンテナンス
 リースナブルの走行距離制限 
:750km
 リースナブルの概要 
リースナブルは、名古屋を中心にさまざまなオート事業を展開する三和サービスが運営するカーリース。他社を徹底的にリサーチ、最安保証を掲げ料金が本当に安い点が特徴。当サイト料金比較記事では、ほぼすべての3年リース、5年リースで最安値。返却時に残価精算があるオープンエンド方式契約を採用、査定額が予測を下回った場合に残価精算による追加出費が発生するが、独自のサービス「たまーるプラス」に加入すると最大50万円まで追加出費が補償されるので安心。お得な料金で短期リースをしたい方にリースナブルがおすすめ。

走行距離の目安と必要な走行距離の計算方法は?

「そもそもクルマの走行距離なんてきにしたことないよ」
「どうやって走行距離なんて測っているの?」
という方もいらっしゃることでしょう。

ここでは、用途別に走行距離の目安と走行距離の計測方法を紹介します。

どのくらいの走行距離が必要?目安を紹介

走行距離はクルマの用途によって必要な距離が異なります。

4つの使い方で平均的な走行距離を試算してみましょう。

走行距離の目安:年間~5000km近場の利用がメイン

近所での使用がメイン

買い物、家族の送り迎え程度の用途であれば走行距離は多くなりません。

走行距離の目安:年間~12000km近場の利用+土日レジャー

毎日近場に使用し、週に1,2回長距離のドライブ

平均的な使用になりますので、カーリースの走行距離はこのような使い方がメインに設定されています。

走行距離の目安:年間~18000km通勤通学

毎日1時間程度の通勤に使用し、週1,2回長距離ドライブ、たまに長距離の帰省や旅行に使用

通勤にクルマを使用する場合は設定する距離が足りるのかの確認が必要です。

片道1時間程度の通勤であればカーリース会社が提供する長めの走行距離制限を選択しておくと安心です。

走行距離の目安:年間18000km以上 仕事に利用

毎日勤務時間帯はクルマで移動し、長距離使用

移動をメインとする事業に利用する場合は距離が足りなくなる可能性がありますので、
走行距離制限のないカーリースを利用するとよいでしょう。

カーリースの走行距離に関するよくある質問

カーリースの走行距離に関する疑問や注意点を解説します。

Q.購入とカーリースは結局どっちがおすすめ?

購入とカーリースはそれぞれにメリット・デメリットがあり、向いている人向いていない人がいます。

カーリースはさまざまな種類があり、
購入に比べるとニーズに合ったクルマの使用方法ができますので、
カーリースのほうが快適なカーライフをおくれる可能性が高いです。

また、もらえるカーリースを選択すれば、
ほぼ購入した時と同じようにクルマが使用できます。

購入とカーリースの決定的な違いとして、

  • カーリースの料金には維持費が含まれている点
  • カーリースを利用するには審査に通る必要がある点

があります。

購入でローンを組む場合、
月々の支払いは購入費用の返済のみですので、
別途税金やメンテナンス費用がかかります。

一括購入の場合、審査が必要ありませんので、
まとまった現金さえあればクルマが利用できます。

維持費コミコミの月々定額料金でクルマの管理をリース会社に任せて利用したい方は、カーリースがおすすめです。

月々の支払いは購入費用のみに抑え、車の維持を自分で行い、税金や車検などそのつど費用を支払ってクルマを利用したい方は、購入がおすすめです。

Q.乗り放題のカーリースはどこ?

乗り放題のカーリースは、返却時の残価を0円と設定し車の価値を維持しないため、走行距離に制限がありません。

すべてのプランで走行距離に制限がなく、サービスが充実し、お得な乗り放題のカーリースとして、当サイトではMOTAカーリースをおすすめしています。

また、7年以上のリースを検討されていのであれば、お得な乗り放題カーリースとして、定額カルモくんもおすすめです。

Q.キャンペーンがおすすめなカーリースは?

定期的にキャンペーンを開催しているカーリースとして、定額カルモくんがおすすめです。

定額カルモくんは、全てのプランで「ネット割」が適用されますので、定期的に開催されているキャンペーンと合わせて利用することでお得に契約できます。

Q.平均的なクルマの利用方法ではどのくらいの距離があればいい?

2022年全国カーライフ実態調査の統計データによると、年間の平均走行距離は6727kmです。

月間で560kmが全国平均になります。

したがって、月間750kmか月間1000kmの走行距離制限を設定しているカーリースを利用するとよいでしょう。

まとめ カーリースの走行距離制限は用途に合わせて十分な距離が選べる

人気カーリース9社の走行距離を比較すると下記です。

リース会社走行距離無制限プラン
KINTO公式 1500km
オートフラット公式 500km,1000km
1500km,2000km,
2500km
MOTAカーリース公式 無制限
定額カルモくん公式 1500km
リースナブル公式 750km
カーコンカーリース詳細 2000km
ニコノリ公式 500km~
SOMPOで乗ーる公式 1000km,1500km,
2000km,3000km
コスモマイカーリース公式 500km,1000km
1500km

カーリースの走行距離の制限は、
生活環境に適した選択をすることでリース料金がお得になり、
コスパが良いクルマの利用ができます。

日本の平均年間走行距離は6727kmですので、
平均的な利用であれば、カーリース各社が提供する走行距離制限は、
利用に十分な距離が設定されていると言えるでしょう。

一方、長距離通勤など毎日長距離を移動する場合、
走行距離が足りなくなる可能性がありますので、
走行距離制限がない乗り放題のカーリースを利用すると距離を気にせずに利用できます。

タイトルとURLをコピーしました